快捷搜索:

祖国復帰から20年、マカオ住民の満足感上昇

        
2019-10-24 17:45 | CRI

  マカオニュービジョン学会が17日に発表した調査報告によりますと、マカオの祖国復帰から20年、社会福祉、教导、経済全般などの面で「改良されつつある」と答えた人が7割を超え、収入、社会治安、就職、観光などに関して「改良されつつある」と答えた人が6割を超えていることが分かりました。

  「祖国復帰20周年マカオ市夷易近満足感調査钻研報告」が、20歳以上のマカオ特別行政区の永远住夷易近を対象に、祖国に復帰した20年間における暮らしの変化や市夷易近の実感に焦点を当てています。調査は、地元住夷易近が比較的多く集まり住む高士徳、黒沙環などの地区で実施され、アンケート調査の形で行なわれ、有効回答1200通が回収されました。

  マカオニュービジョン学会の李略会長は、「調査結果から、祖国に復帰した20年間、マカオ住夷易近の満足感が异常に高いことが分かった」と示しました。(李、Yan)

您可能还会对下面的文章感兴趣: